メニュー

最新情報

古材の森企画展 IAN GEN HALL写真展「Geometric New York / Fukuoka」を開催します

油機エンジニアリング株式会社では、旧西原邸の動態保存を目的に、地域の歴史文化を発信する活動を行っています。同時に、この歴史的建築空間を使って、次世代を切り開く若手アーティストの表現・成長の場として機能する事も行っています。

 この度、旧西原邸(古材の森)展示室では、2024年2月2日(金)から2月10日(土)まで、ホール・イアンの個展を開催します。イアンは、福岡県糸島市出身で、ヨット選手として、数々の大会で活躍するが26歳で引退。翌年、ニューヨークでカメラと出会い、ファッション業界に勤めながら写真家として活動。2019年に帰国後は、地元糸島を拠点に写真家として活動しています。今回は、幾何学をテーマに、ニューヨークと福岡のストリートをありのまま撮った作品を中心に展示いたします。幾何学の形や線は、社会の構造を意味し、白と黒のコントラストは、ポジティブとネガティブのバランスを意味するという、彼独自で視点で切り取られた写真展となっております。期間中は作品の販売もしておりますのでぜひお越しください。

 ■作家プロフィール 

 ホールイアン IAN GEN HOLL

 福岡県糸島市出身、幼少期の頃から絵を描くのが好きで美術に興味があったが9歳の時にヨットに出会いオリンピック出場を夢に活動し始める。15歳の時、全日本選手権で優勝し世界選手権にも参加。その後も全日本で何度か優勝し5年連続日本代表選手として活動、数々の大会で活躍する。最終的にオリンピックには行けず、26歳で引退。翌年、憧れのニューヨークにファッションを学びに移り住む。ニューヨーク生活1年目でカメラと出会いファッション業界で勤めながら空いた時間に写真を撮り続ける。最初はポートレートを主に撮り、その後ストリートフォトグラフィーに転向。ニューヨーク生活8年目で2019年に帰国。現在、糸島を拠点に写真家(アーティスト)として活動中。International Photography Awards、ロンドン国際クリエイティブ コンペティションでファイナリスト受賞。2023年6月に古材の森にて個展開催。